レビューはありません
風土に生きる人々 写文集・生き物との暮らし

秋田県で農業を営む男性は「田畑の草を刈る。草が出るから牛にやる。牛にやるとウンコが出る。それを田畑の肥料にする。こうしてもう30年土地はまわっているんだよ」。山形県でマタギとして生きてきた男性は「動物の命を奪うならば、私たち人間の命を維持するためにのみ奪うべきだ」。香川県の養蜂家は「ハチを媒介にして無いものを有にする。これは自然の力じゃ。科学の力ではミツはとれん」。植村直己冒険賞受賞の女性カメラマンの心温まるルポ ●まえがき ●牛とおじいさん…別れの一日 ●飯豊の山里に生きる…マタギの記憶 ●ミツバチと花咲く山々を旅して…高松の養蜂家

  • 100(税別)で 今すぐ購入

    獲得ポイント 1pt(1%還元)

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。