書籍の詳細

人の心を読むさとり。不吉な予言をするくだん。人真似をして追いかけてくる河童――。山が人里に変わり、夜の闇が払われた現代。妖怪たちは日中堂々、街中に現れる! 悪気はないけど、はた迷惑な彼らと、私たち人間はどうやって共存すればいいのだろう? 新鋭・比嘉史果が情感たっぷりに描く、現代妖怪奇譚!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

真昼の百鬼夜行のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 冒頭のくだんのくーちゃんがなんとも可愛いので立ち読み部分をぜひ読んでいただきたいです…!
    色々な妖怪たちが珍しい動物くらいの存在としてなじんでいる世界。カッパや人魚、心を読むサトリ、優秀なヒトを選んで現れる麒麟児などなど、色々な妖怪が人を困らせたり、動物園の名物になったり。静謐なタッチで描かれる妖怪たちに、ファンタジーなのに現実のように感じてワクワクします!くすっと笑えて気持ちが暖かくなる素敵な作品です!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月24日