【医療被ばくの正当化と最適化に向けて PartII】 III 診断参考レベル(DRL)の普及に向けた取り組み 1.診断参考レベル(DRL)の普及・啓発活動について -医療放射線防護連絡協議会の立場から

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】診断参考レベル(diagnosticreferencelevel:DRL)は,医療放射線利用の最適化が進むこと,すなわち医療安全の向上を目的としている。国際原子力機関(InternationalAtomicEnergyAssociation:IAEA)が,各国の医療水準の範囲内で適切な放射線量で診療するように,約30年前に提唱した。平均的な体格の患者における通常の検査条件ごとの放射線量を調査し,その75パーセンタイルをDRLと呼んでいる。日本では2015年6月に,日本医学放射線学会や医療放射線防護連絡協議会など11の学協会が共同で,「最新の国内実態調査結果に基づく診断参考レベルの設定(以下,DRLs2015)」を発表した。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】診断参考レベル(diagnosticreferencelevel:DRL)は,医療放射線利用の最適化が進むこと,すなわち医療安全の向上を目的としている。国際原子力機関(InternationalAtomicEnergyAssociation:IAEA)が,各国の医療水準の範囲内で適切な放射線量で診療するように,約30年前に提唱した。平均的な体格の患者における通常の検査条件ごとの放射線量を調査し,その75パーセンタイルをDRLと呼んでいる。日本では2015年6月に,日本医学放射線学会や医療放射線防護連絡協議会など11の学協会が共同で,「最新の国内実態調査結果に基づく診断参考レベルの設定(以下,DRLs2015)」を発表した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。