【アルコール依存症治療の変遷】 クリニックにおける治療の変遷

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】アルコール専門外来は1981年の小杉クリニックから始まった。アルコール依存症を専門外来で通院治療することが可能になったのは、大阪方式と呼ばれる地域ネットワークが成熟したからである。外来治療は多くの社会資源とともに地域のなかで長期にわたり一貫して断酒生活を支えるための一手段である。外来治療を行うことで、患者本人の自己決定・飲酒渇望への対応・地域での支援・家族介入などが重要であることが見えてきた。外来治療のスタンダードは、飲むための援助はしない、自助グループ導入へのプログラムが整備されていること、個別指導が行われること、他の社会資源と連携できることである。小杉クリニックから始まった外来治療は関西から全国に広がり、その地域にあわせて発展している。今後、外来治療が、精神科クリニック、内科クリニックに広がり、アルコール依存症のトリートメントギャップが少なくなることを望んでいる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】アルコール専門外来は1981年の小杉クリニックから始まった。アルコール依存症を専門外来で通院治療することが可能になったのは、大阪方式と呼ばれる地域ネットワークが成熟したからである。外来治療は多くの社会資源とともに地域のなかで長期にわたり一貫して断酒生活を支えるための一手段である。外来治療を行うことで、患者本人の自己決定・飲酒渇望への対応・地域での支援・家族介入などが重要であることが見えてきた。外来治療のスタンダードは、飲むための援助はしない、自助グループ導入へのプログラムが整備されていること、個別指導が行われること、他の社会資源と連携できることである。小杉クリニックから始まった外来治療は関西から全国に広がり、その地域にあわせて発展している。今後、外来治療が、精神科クリニック、内科クリニックに広がり、アルコール依存症のトリートメントギャップが少なくなることを望んでいる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。