【透析患者の体液管理】 心不全合併透析患者の体液管理

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】慢性透析患者における死因の第1位は心不全であり、全体のおよそ25%を占めている。透析中のくり返す低血圧発作や透析中の血圧低下による除水困難が原因でドライウェイト(DW)達成不可能な場合、心胸比の急激な拡大などはうっ血所見の有無に関わらず心不全の発症を考えて心機能を評価すべきである。体液量管理が治療の原則であり、透析間の体重増加を中1日でDWの3%未満、中2日で5%未満に止めるように指導が必要であるが、そのためには厳密な塩分制限(5g/日)が重要である。うっ血症状に対しては、体液量過剰状態に対するDWの下方修正で治療を開始し、非心臓性浮腫の原因となる貧血の改善、内シャント流量の是正、血糖管理も重要である。薬物療法としては、レニン-アンジオテンシン系阻害薬やβ遮断薬が用いられる。薬物療法に対する反応が不良な場合、前負荷の軽減を目的に、通常透析に加えて限外濾過法を適用する場合もある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】慢性透析患者における死因の第1位は心不全であり、全体のおよそ25%を占めている。透析中のくり返す低血圧発作や透析中の血圧低下による除水困難が原因でドライウェイト(DW)達成不可能な場合、心胸比の急激な拡大などはうっ血所見の有無に関わらず心不全の発症を考えて心機能を評価すべきである。体液量管理が治療の原則であり、透析間の体重増加を中1日でDWの3%未満、中2日で5%未満に止めるように指導が必要であるが、そのためには厳密な塩分制限(5g/日)が重要である。うっ血症状に対しては、体液量過剰状態に対するDWの下方修正で治療を開始し、非心臓性浮腫の原因となる貧血の改善、内シャント流量の是正、血糖管理も重要である。薬物療法としては、レニン-アンジオテンシン系阻害薬やβ遮断薬が用いられる。薬物療法に対する反応が不良な場合、前負荷の軽減を目的に、通常透析に加えて限外濾過法を適用する場合もある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。