【透析患者の体液管理】 腎機能低下に伴う水・電解質排泄キャパシティ

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腎臓は体内の水分と組成の調整を担っており、糸球体濾過と尿細管における再吸収・排泄がその機能を果たす。糸球体濾過が比較的非選択的であるのに対して尿細管での再吸収はきわめて選択的であり、健常人であれば個人の電解質摂取量に応じて排泄量を調整する。腎機能低下時は、糸球体濾過量低下に加えて尿細管機能も低下する。また、腎機能障害時に使用される利尿薬などの薬剤によっても尿細管機能は変化する。特に尿細管障害は、障害部位によって現れる症状はさまざまである。腎機能低下時の尿細管障害は一様ではなく、比較的健常に保たれている尿細管は代償性に機能を亢進させることもある。また、水排泄量も尿の希釈能・濃縮能の障害に依存して変化する。腎障害時の水・電解質排泄キャパシティを考えるうえで、腎の障害部位から起こりうる水・電解質異常を推し量る必要がある。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腎臓は体内の水分と組成の調整を担っており、糸球体濾過と尿細管における再吸収・排泄がその機能を果たす。糸球体濾過が比較的非選択的であるのに対して尿細管での再吸収はきわめて選択的であり、健常人であれば個人の電解質摂取量に応じて排泄量を調整する。腎機能低下時は、糸球体濾過量低下に加えて尿細管機能も低下する。また、腎機能障害時に使用される利尿薬などの薬剤によっても尿細管機能は変化する。特に尿細管障害は、障害部位によって現れる症状はさまざまである。腎機能低下時の尿細管障害は一様ではなく、比較的健常に保たれている尿細管は代償性に機能を亢進させることもある。また、水排泄量も尿の希釈能・濃縮能の障害に依存して変化する。腎障害時の水・電解質排泄キャパシティを考えるうえで、腎の障害部位から起こりうる水・電解質異常を推し量る必要がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。