非抗ウイルス薬による肝癌抑制のエビデンス 嗜好品や食品による肝発癌抑制の可能性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】最近、肝細胞癌と肥満、糖尿病、非アルコール性脂肪性肝疾患との関連が注目され、生活習慣である嗜好品や食事による肝細胞癌の予防、代替療法の可能性を示す疫学的エビデンスが蓄積されている。生活習慣病の危険因子として知られる、タバコ、アルコールは肝細胞癌においても重要な危険因子である。ほかの嗜好品では、コーヒーを飲むことと肝細胞癌の死亡リスク減少との関連が示されている。コーヒーは、肝細胞癌だけでなく、非アルコール性脂肪性肝疾患、肝硬変の減少との関連も報告されコーヒーの「肝臓保護作用」として注目されている。肝発癌抑制の機序として、コーヒーの抗酸化、抗炎症、抗線維化作用が推測されている。食事因子としては、野菜の摂取が肝細胞癌の死亡リスクの低下に関連すると考えられている。カビ毒のアフラトキシンによる食品汚染は、肝細胞癌のリスクファクターであり、規制値が定められている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】最近、肝細胞癌と肥満、糖尿病、非アルコール性脂肪性肝疾患との関連が注目され、生活習慣である嗜好品や食事による肝細胞癌の予防、代替療法の可能性を示す疫学的エビデンスが蓄積されている。生活習慣病の危険因子として知られる、タバコ、アルコールは肝細胞癌においても重要な危険因子である。ほかの嗜好品では、コーヒーを飲むことと肝細胞癌の死亡リスク減少との関連が示されている。コーヒーは、肝細胞癌だけでなく、非アルコール性脂肪性肝疾患、肝硬変の減少との関連も報告されコーヒーの「肝臓保護作用」として注目されている。肝発癌抑制の機序として、コーヒーの抗酸化、抗炎症、抗線維化作用が推測されている。食事因子としては、野菜の摂取が肝細胞癌の死亡リスクの低下に関連すると考えられている。カビ毒のアフラトキシンによる食品汚染は、肝細胞癌のリスクファクターであり、規制値が定められている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。