【血栓性微小血管症(TMA)】 STEC-HUS(志賀毒素産生大腸菌による溶血性尿毒症症候群)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]STECの頻度・疫学:わが国では年間3,000~4,000例の感染症例が発生し、そのうち100例前後がHUSを発症する。血清型は感染症例で約60%、HUS症例で約80%がO157であるが、O157以外の血清型STECにも留意すべきである。[2]STEC-HUSの診断:STEC-HUSの診断にはSTEC感染の証明、確定診断が重要で、糞便よりの直接分離培養や増菌培養による大腸菌の検出・同定と志賀毒素産生試験によるが、検出率、迅速性の問題から他の検査も同時並行で行い診断に努める。[3]STEC感染による出血性腸炎の段階では輸液と食事療法が主体である。脱水による血管内容積の減少が病態の悪化を引き起こす可能性があり、厳密な水分出納の評価の下、積極的な晶質液の投与を行う。[4]STEC感染に対する抗菌薬治療はいまだに賛否両論が存在し決着しておらず、今後の詳細な検討が待たれるところである。[5]STEC-HUS発症後は、輸血、腎代替療法、降圧療法、脳症に対する治療など支持療法を主体とする全身管理を行う。血小板輸血は原則行わず、出血傾向など緊急時に限定する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]STECの頻度・疫学:わが国では年間3,000~4,000例の感染症例が発生し、そのうち100例前後がHUSを発症する。血清型は感染症例で約60%、HUS症例で約80%がO157であるが、O157以外の血清型STECにも留意すべきである。[2]STEC-HUSの診断:STEC-HUSの診断にはSTEC感染の証明、確定診断が重要で、糞便よりの直接分離培養や増菌培養による大腸菌の検出・同定と志賀毒素産生試験によるが、検出率、迅速性の問題から他の検査も同時並行で行い診断に努める。[3]STEC感染による出血性腸炎の段階では輸液と食事療法が主体である。脱水による血管内容積の減少が病態の悪化を引き起こす可能性があり、厳密な水分出納の評価の下、積極的な晶質液の投与を行う。[4]STEC感染に対する抗菌薬治療はいまだに賛否両論が存在し決着しておらず、今後の詳細な検討が待たれるところである。[5]STEC-HUS発症後は、輸血、腎代替療法、降圧療法、脳症に対する治療など支持療法を主体とする全身管理を行う。血小板輸血は原則行わず、出血傾向など緊急時に限定する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。