【血栓性微小血管症(TMA)】 先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]先天性TTPはADAMTS13遺伝子異常によってTTPを発症する疾患であり、その臨床症状は軽症かつ進行が緩徐であるため、原因不明の血小板減少が認められた場合には本症例の可能性を十分考慮する必要がある。[2]USSの診断基準はTTPの臨床症状を呈する症例で持続的にADAMTS13活性が10%以下に低下し、かつ同酵素に対するインヒビターを有しないことであるが、確定診断にはADAMTS13遺伝子解析が必要となる。[3]妊娠後発症型では胎児は妊娠20~30週で流早産もしくは子宮内死亡に至る。母体の臨床症状は、妊娠20週以降の血小板減少に始まり、病状が進行するに従って5徴候が揃ってくる傾向にある。[4]腎不全発症型では新鮮凍結血漿が定期投与されるも、腎障害が緩徐に進行することで末期腎不全にまで至り、最終的には維持透析が必要となる。この病因としてaHUSの病因である補体制御系の遺伝子異常の関与が報告されている。[5]USSの治療としてはADAMTS13酵素の補充を目的とした新鮮凍結血漿(FFP)の輸血療法が有効であり、血小板数を指標にして、FFP5-10mL/kgを2~3週間毎に定期投与することによってTTPの発症を予防している。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]先天性TTPはADAMTS13遺伝子異常によってTTPを発症する疾患であり、その臨床症状は軽症かつ進行が緩徐であるため、原因不明の血小板減少が認められた場合には本症例の可能性を十分考慮する必要がある。[2]USSの診断基準はTTPの臨床症状を呈する症例で持続的にADAMTS13活性が10%以下に低下し、かつ同酵素に対するインヒビターを有しないことであるが、確定診断にはADAMTS13遺伝子解析が必要となる。[3]妊娠後発症型では胎児は妊娠20~30週で流早産もしくは子宮内死亡に至る。母体の臨床症状は、妊娠20週以降の血小板減少に始まり、病状が進行するに従って5徴候が揃ってくる傾向にある。[4]腎不全発症型では新鮮凍結血漿が定期投与されるも、腎障害が緩徐に進行することで末期腎不全にまで至り、最終的には維持透析が必要となる。この病因としてaHUSの病因である補体制御系の遺伝子異常の関与が報告されている。[5]USSの治療としてはADAMTS13酵素の補充を目的とした新鮮凍結血漿(FFP)の輸血療法が有効であり、血小板数を指標にして、FFP5-10mL/kgを2~3週間毎に定期投与することによってTTPの発症を予防している。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。