【血栓性微小血管症(TMA)】 造血幹細胞移植

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]移植後TMAは、原疾患、幹細胞環境、移植前処置、GVHD予防のカルシニューリン阻害薬、GVHD、免疫不全に伴う感染等による血管内皮障害により惹起される予後不良の症候群であり、その多様性を念頭に診療に当たる必要がある。[2]移植後TMAの診断基準は確立していないが、他の原因で説明できない血小板減少とクームス試験陰性の溶血性貧血が認められる。LDHが上昇し、破砕赤血球が出現する。[3]移植後TMAの治療には、誘因となった事象の除去が重要である。特にカルシニューリン阻害薬を使用している場合は、GVHDに対する十分な代替療法を準備したうえで、速やかな減量中止を試みる。[4]移植後TMAは、TTPと異なり大部分の症例でADAMTS13活性の低下、同抗体の産生は認められず、血漿交換療法は標準的な初期治療とならない。しかし、一部の症例での有効性が報告されており、今後の検討が必要である。[5]移植後TMAの病態について、小児例で補体の活性化が重要であるとの指摘があり、CFHに対する抗体産生例も報告されているが、成人例も含めた意義については解明されていない。安易な抗補体療法は行うべきではない。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]移植後TMAは、原疾患、幹細胞環境、移植前処置、GVHD予防のカルシニューリン阻害薬、GVHD、免疫不全に伴う感染等による血管内皮障害により惹起される予後不良の症候群であり、その多様性を念頭に診療に当たる必要がある。[2]移植後TMAの診断基準は確立していないが、他の原因で説明できない血小板減少とクームス試験陰性の溶血性貧血が認められる。LDHが上昇し、破砕赤血球が出現する。[3]移植後TMAの治療には、誘因となった事象の除去が重要である。特にカルシニューリン阻害薬を使用している場合は、GVHDに対する十分な代替療法を準備したうえで、速やかな減量中止を試みる。[4]移植後TMAは、TTPと異なり大部分の症例でADAMTS13活性の低下、同抗体の産生は認められず、血漿交換療法は標準的な初期治療とならない。しかし、一部の症例での有効性が報告されており、今後の検討が必要である。[5]移植後TMAの病態について、小児例で補体の活性化が重要であるとの指摘があり、CFHに対する抗体産生例も報告されているが、成人例も含めた意義については解明されていない。安易な抗補体療法は行うべきではない。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。