Cancer biology and new seeds 免疫チェックポイント阻害薬と抗体医薬の併用

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん表面抗原を標的とする抗体医薬(がん標的抗体)、特に免疫グロブリンG(IgG)1型の抗体では抗体依存性細胞傷害(ADCC)がその抗腫瘍効果において重要な役割を担うが、このADCCはがん細胞の直接破壊のみでなく、NK細胞と樹状細胞との相互刺激や免疫複合体の形成を通して、抗原特異的T細胞の誘導を促進する獲得免疫への橋渡し的な役割があり、「ワクチン効果」とも呼ばれる。担がん患者ではNK細胞や一部の樹状細胞でPD-1の発現が増強しており、抗PD-1抗体はPD-1を高発現したNK細胞の細胞傷害能や樹状細胞の抗原提示能を増強することが示唆されている。抗PD-1抗体とがん標的抗体の併用は、ADCC活性およびT細胞誘導の増強、そして誘導されたT細胞による腫瘍傷害の増強へと相乗的に作用する可能性が考えられる。また、このような機序は、がんに過剰発現している蛋白に応じて抗PD-1抗体の併用相手を選択する「個別化免疫療法」にもつながる可能性があり、今後期待される。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん表面抗原を標的とする抗体医薬(がん標的抗体)、特に免疫グロブリンG(IgG)1型の抗体では抗体依存性細胞傷害(ADCC)がその抗腫瘍効果において重要な役割を担うが、このADCCはがん細胞の直接破壊のみでなく、NK細胞と樹状細胞との相互刺激や免疫複合体の形成を通して、抗原特異的T細胞の誘導を促進する獲得免疫への橋渡し的な役割があり、「ワクチン効果」とも呼ばれる。担がん患者ではNK細胞や一部の樹状細胞でPD-1の発現が増強しており、抗PD-1抗体はPD-1を高発現したNK細胞の細胞傷害能や樹状細胞の抗原提示能を増強することが示唆されている。抗PD-1抗体とがん標的抗体の併用は、ADCC活性およびT細胞誘導の増強、そして誘導されたT細胞による腫瘍傷害の増強へと相乗的に作用する可能性が考えられる。また、このような機序は、がんに過剰発現している蛋白に応じて抗PD-1抗体の併用相手を選択する「個別化免疫療法」にもつながる可能性があり、今後期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。