【分子標的薬を用いた周術期治療】 座談会 周術期治療における分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬の役割

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】各種がん領域において、分子標的薬によって進行がんの治療成績は向上し、さらに免疫チェックポイント阻害薬の登場で、一部のがんでは生存延長も期待できるようになっている。進行がんでの有効性をもとに、これらの薬剤を用いた周術期治療が検討されている。周術期治療が最も開発されているのは乳がん領域である。ヒト上皮成長因子受容体(HER)2陽性乳がんに対し、トラスツズマブを中心とした周術期治療が実施され、ペルツズマブやトラスツズマブエムタンシン(T-DM1)による術後補助療法の試験も行われている。トリプルネガティブ乳がん(TNBC)では免疫チェックポイント阻害薬の開発も進められている。消化器がん領域では、導入されている分子標的薬は限られており、周術期治療の開発も滞っているが、HER2陽性胃がんの術前補助療法としてトラスツズマブ併用化学療法の試験が進行している。肺がん領域でも分子標的薬による周術期治療は有望な結果が得られていないが、第3世代の上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)を用いた術後補助療法の試験が進行中である。また、抗PD-1抗体による術後補助療法の試験も行われている。消化管間質腫瘍(GIST)ではイマチニブによる術後補助療法の有用性が確立しているが、GIST以外の肉腫では分子標的薬による周術期治療の有効性は明らかでない。一方腎細胞がん(RCC)では、分子標的薬の術前補助療法による腫瘍縮小により摘除率を高めることで予後が改善する可能性が示唆されている。抗PD-1抗体による術前・術後補助療法の試験も進められている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】各種がん領域において、分子標的薬によって進行がんの治療成績は向上し、さらに免疫チェックポイント阻害薬の登場で、一部のがんでは生存延長も期待できるようになっている。進行がんでの有効性をもとに、これらの薬剤を用いた周術期治療が検討されている。周術期治療が最も開発されているのは乳がん領域である。ヒト上皮成長因子受容体(HER)2陽性乳がんに対し、トラスツズマブを中心とした周術期治療が実施され、ペルツズマブやトラスツズマブエムタンシン(T-DM1)による術後補助療法の試験も行われている。トリプルネガティブ乳がん(TNBC)では免疫チェックポイント阻害薬の開発も進められている。消化器がん領域では、導入されている分子標的薬は限られており、周術期治療の開発も滞っているが、HER2陽性胃がんの術前補助療法としてトラスツズマブ併用化学療法の試験が進行している。肺がん領域でも分子標的薬による周術期治療は有望な結果が得られていないが、第3世代の上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)を用いた術後補助療法の試験が進行中である。また、抗PD-1抗体による術後補助療法の試験も行われている。消化管間質腫瘍(GIST)ではイマチニブによる術後補助療法の有用性が確立しているが、GIST以外の肉腫では分子標的薬による周術期治療の有効性は明らかでない。一方腎細胞がん(RCC)では、分子標的薬の術前補助療法による腫瘍縮小により摘除率を高めることで予後が改善する可能性が示唆されている。抗PD-1抗体による術前・術後補助療法の試験も進められている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。