【分子標的薬を用いた周術期治療】 切除可能腎がんを対象とした分子標的治療

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】転移のない局所進行性腎がん(RCC)に対して、強い腫瘍縮小効果をもつ分子標的薬を術前に投与することの意義と妥当性を検討する。術前に腫瘍を縮小させることによって、手術侵襲の低減や安全性の向上、切除不能症例の一部も切除可能となることが期待される。さらに、腎機能低下症例や単腎症例に対して腎全摘を回避し部分切除が可能になれば、腎機能の温存が図れる。薬剤としては、アキシチニブおよびパゾパニブは近接効果が比較的大きく、期待できる。しかし、下大静脈腫瘍塞栓に対する効果は限定的であり、臨床的有用性はさほど高くないものと推測される。一方、分子標的薬により創傷治癒の遅延や出血量の増加といった周術期合併症の発生率が高くなる危険性も示唆されている。また、効果が低い場合には手術までの期間が延長することにより、術前投与中に病勢が進行する可能性がある。このような不利益も十分に考慮しなければならない。残念ながら、現段階では切除可能RCCに対する術前投与の臨床試験は後ろ向き試験あるいは少数の前向き試験のみで、エビデンスレベルは高くない。今後は大規模な前向き試験によって、使用薬剤や投与方法の確立、さらには適応症例の選別が効果予測のバイオマーカーなどを明らかにしていく必要がある。加えて、術前投与の無病非再発率や全生存率への長期的な効果についても検証する必要がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】転移のない局所進行性腎がん(RCC)に対して、強い腫瘍縮小効果をもつ分子標的薬を術前に投与することの意義と妥当性を検討する。術前に腫瘍を縮小させることによって、手術侵襲の低減や安全性の向上、切除不能症例の一部も切除可能となることが期待される。さらに、腎機能低下症例や単腎症例に対して腎全摘を回避し部分切除が可能になれば、腎機能の温存が図れる。薬剤としては、アキシチニブおよびパゾパニブは近接効果が比較的大きく、期待できる。しかし、下大静脈腫瘍塞栓に対する効果は限定的であり、臨床的有用性はさほど高くないものと推測される。一方、分子標的薬により創傷治癒の遅延や出血量の増加といった周術期合併症の発生率が高くなる危険性も示唆されている。また、効果が低い場合には手術までの期間が延長することにより、術前投与中に病勢が進行する可能性がある。このような不利益も十分に考慮しなければならない。残念ながら、現段階では切除可能RCCに対する術前投与の臨床試験は後ろ向き試験あるいは少数の前向き試験のみで、エビデンスレベルは高くない。今後は大規模な前向き試験によって、使用薬剤や投与方法の確立、さらには適応症例の選別が効果予測のバイオマーカーなどを明らかにしていく必要がある。加えて、術前投与の無病非再発率や全生存率への長期的な効果についても検証する必要がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。