【気分は名監督!ベストな采配がわかる おくすり選手名鑑 オピオイド29剤+非オピオイド11剤】 ア・リーグ チームアセトアミノフェン

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】このチームの強み・弱みと注目ポイント NSAIDsとともにWHO三段階徐痛ラダーの第一段階の薬剤で、小児~成人まで幅広い世代で使用される非オピオイド製剤である。COX阻害作用が弱く、抗炎症作用はないため消化管、腎臓、血小板機能への影響は少なく、NSAIDsが胃潰瘍や腎不全等の重篤な合併症のリスクとなることに比べ、副作用は少ない。特に高齢、腎機能障害等の患者で、軽度~中等度の疼痛がある場合、第一選択薬としてアセトアミノフェンが推奨される。2011年からの用量拡大により高用量で鎮痛効果を発揮することが知られ、日本緩和医療学会「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2014年版)」では、1日2,400~4,000mg が妥当な鎮痛量とされる。ただし、骨転移痛に対しては一般的にNSAIDsより推奨は劣る。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】このチームの強み・弱みと注目ポイント NSAIDsとともにWHO三段階徐痛ラダーの第一段階の薬剤で、小児~成人まで幅広い世代で使用される非オピオイド製剤である。COX阻害作用が弱く、抗炎症作用はないため消化管、腎臓、血小板機能への影響は少なく、NSAIDsが胃潰瘍や腎不全等の重篤な合併症のリスクとなることに比べ、副作用は少ない。特に高齢、腎機能障害等の患者で、軽度~中等度の疼痛がある場合、第一選択薬としてアセトアミノフェンが推奨される。2011年からの用量拡大により高用量で鎮痛効果を発揮することが知られ、日本緩和医療学会「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2014年版)」では、1日2,400~4,000mg が妥当な鎮痛量とされる。ただし、骨転移痛に対しては一般的にNSAIDsより推奨は劣る。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。