【新人視能訓練士の困りどころをズバッと解決 眼科の12検査がスムーズに進むアドバイス23】 網膜電図

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】自験例を用いた検討とsingle flash ERG 非常に素朴な疑問ですが、とても重要な疑問です。実際に筆者も同じ疑問を持ち、以前に自験例を用いて検討したことがあります。本稿では、自験例を用いた検討と最も検査頻度が高い「single flash ERG」に焦点を当てて解説します。 まず、ERGの暗順応を考えるうえで重要な細胞は、視細胞の錐体細胞と杆体細胞です。図1を見ると、暗順応開始からKコールラウシュohlrausch屈曲点までは錐体細胞が徐々に感度を高め、それ以降は杆体細胞の感度が徐々に高まり、約20分でピーク(飽和状態)を迎えています。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】自験例を用いた検討とsingle flash ERG 非常に素朴な疑問ですが、とても重要な疑問です。実際に筆者も同じ疑問を持ち、以前に自験例を用いて検討したことがあります。本稿では、自験例を用いた検討と最も検査頻度が高い「single flash ERG」に焦点を当てて解説します。 まず、ERGの暗順応を考えるうえで重要な細胞は、視細胞の錐体細胞と杆体細胞です。図1を見ると、暗順応開始からKコールラウシュohlrausch屈曲点までは錐体細胞が徐々に感度を高め、それ以降は杆体細胞の感度が徐々に高まり、約20分でピーク(飽和状態)を迎えています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。