【静脈栄養・経腸栄養患者をばっちりサポート 栄養投与経路選択のポイント】 ここに注意しよう!静脈栄養の落とし穴 末梢静脈栄養の場合

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】注意を要するケースや合併症 末梢静脈栄養(peripheral parenteral nutrition;PPN)患者において注意を要する合併症は末梢静脈炎です。静脈炎とは静脈壁内膜の炎症であり、化学的静脈炎、機械的静脈炎、細菌性静脈炎に分類されます。症状は、カテーテル刺入部に発生する発赤、腫脹、熱感、疼痛、赤い索状や索状硬結などがあげられます。 (1)化学的静脈炎 投与する輸液のpHや浸透圧といった要因でひき起こされる静脈炎を化学的静脈炎といいます。通常、体液はpHが7.35~7.45の弱塩基性に保たれていますが、体液と異なるpHである酸性や塩基性の強い薬剤、輸液を投与することで静脈壁内膜を障害する危険性が高くなります。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】注意を要するケースや合併症 末梢静脈栄養(peripheral parenteral nutrition;PPN)患者において注意を要する合併症は末梢静脈炎です。静脈炎とは静脈壁内膜の炎症であり、化学的静脈炎、機械的静脈炎、細菌性静脈炎に分類されます。症状は、カテーテル刺入部に発生する発赤、腫脹、熱感、疼痛、赤い索状や索状硬結などがあげられます。 (1)化学的静脈炎 投与する輸液のpHや浸透圧といった要因でひき起こされる静脈炎を化学的静脈炎といいます。通常、体液はpHが7.35~7.45の弱塩基性に保たれていますが、体液と異なるpHである酸性や塩基性の強い薬剤、輸液を投与することで静脈壁内膜を障害する危険性が高くなります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。