【静脈栄養・経腸栄養患者をばっちりサポート 栄養投与経路選択のポイント】 ここに注意しよう!経腸栄養の落とし穴 胃瘻の場合

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】注意を要するケースや合併症 (1)経腸栄養をはじめる患者の多くは、長期間消化管の使用が途絶えている場合も多く、経腸栄養開始時には下痢を伴いやすい。 (2)高齢者で食道裂孔ヘルニアである場合は、胃食道逆流を起こしやすい。 (3)便秘の場合は、半固形状流動食の使用に注意が必要。 (4)投与エネルギー量×1mLで必要水分量を算出すると、投与エネルギー量が少ない場合は脱水傾向におちいりやすい。 (5)経腸栄養剤は基本的に1,000kcal/day投与に必要な微量元素やビタミンが入っている。これより少ないエネルギー投与が長期間続くと、微量元素、ビタミン欠乏におちいりやすい。 (6)胃瘻患者は、造設後ある一定期間をすぎれば、在宅、施設、療養病院といったほかの療養場所に移るため、療養先で選択される経腸栄養剤を把握して対応することが望ましい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】注意を要するケースや合併症 (1)経腸栄養をはじめる患者の多くは、長期間消化管の使用が途絶えている場合も多く、経腸栄養開始時には下痢を伴いやすい。 (2)高齢者で食道裂孔ヘルニアである場合は、胃食道逆流を起こしやすい。 (3)便秘の場合は、半固形状流動食の使用に注意が必要。 (4)投与エネルギー量×1mLで必要水分量を算出すると、投与エネルギー量が少ない場合は脱水傾向におちいりやすい。 (5)経腸栄養剤は基本的に1,000kcal/day投与に必要な微量元素やビタミンが入っている。これより少ないエネルギー投与が長期間続くと、微量元素、ビタミン欠乏におちいりやすい。 (6)胃瘻患者は、造設後ある一定期間をすぎれば、在宅、施設、療養病院といったほかの療養場所に移るため、療養先で選択される経腸栄養剤を把握して対応することが望ましい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。