書籍の詳細

【人間×人狼 運命に弄ばれた禁断の恋】「男同士だろうが異種間だろうがどうでもいい」〈人狼〉であることを隠しながら暮らすコヨーテは、バーで働くピアニスト・マレーネに会うたび口説かれる。人狼ゆえ彼と深く関わることを避けようとするが、ある日、前ぶれもなく初めての発情期がきてしまい、人の姿を保てずにいたところをマレーネに見つかってしまう。彼の誘いを拒もうとするコヨーテだが…。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

コヨーテのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    ストーリー、画力、エロス、流石です
    人狼のコヨーテとピアノ弾きのヨシュ。お互いの立場を明かすことができず、それでも恋に落ちていきます。時代は現代?未来?とも思える設定です。共存しながらも対立する、人狼とマフィア。この二つの間で繰り返される、惨劇を阻止しようとする者と、滅ぼそうとする者達の闘いも静かに進められていきます。あ~それにしても素晴らしくきれいな背景とエロは最高です。受けのコヨーテは、子どものようで大人のようで、とても可愛いです。静かだけれども、大胆にアピールしてくるヨシュに惹かれていきます。同人誌の頃からの大好きな作家さんで、ホントいつも期待を裏切らないです。早く続きが見たいです
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年12月22日