書籍の詳細

「がんになっちゃいました。」いつもの淡々としたトーンで伝えられたのは、2013年1月のことでした。それから2年半後の2015年6月、火村正紀先生はご逝去されました。つらい闘病生活の中で「明るいマンガを描きたい」とノートに向かい、たくさんの笑いと、優しさと、涙がつまった作品を編集部に送り続けてくれました。未完成ではありますが、そこも含めて多くの人に届けたい火村正紀先生最後の作品です。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

入院ノートのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    やさしい雰囲気です。
    タイトル通り、病気を宣告され入院していた頃の生活が描かれています。
    病気と闘うというよりは、病気と付き合うというような雰囲気で、先生の人柄なのでしょうか、優しい雰囲気のお話です。治療のしんどさや病気に対する想い、家族との関わり、仕事のことなどが描かれていますが、くすっと笑える場面も多くあります。
    私は、最後の数ページでいつも泣いてしまいます。
    悲しくて泣くのではなくて、どうしてそんなに優しいのだろうと泣けてしまいます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月26日