蒼天の艦隊[2]インド洋大海戦

710円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

日米開戦から三カ月、連戦連勝で西太平洋を制圧した南雲機動部隊に対し、軍令部はインド洋の英国艦隊撃滅を命じた。だが、聯合艦隊司令長官・山本五十六はこの作戦に危惧を抱いていた。機動部隊が太平洋不在の間に、脆弱な防衛線を衝いて米空母部隊が東方から攻めてくる可能性は否定できないのだ。一方、二航司令長官・山口多聞少将はこの状況を逆手にとる作戦を発案。それはインド洋の戦いに注力しているように見せかけて米艦隊を誘き出し、これを待ち伏せするというものだった。かくして始まった英国東洋艦隊との激戦の最中、アメリカは動き出す。空母五隻、B25双発爆撃機七○機と、大幅に増強されたドゥーリットル隊がハワイを出撃したのだ。これを察知した聯合艦隊は山口少将に向けて、極秘作戦符号『撫子』を打電。符号を受信した二航戦・撫子部隊は、米艦隊を迎え撃つべく内地に向けて驀進を開始した!

カゴに追加 710 円(税別)

日米開戦から三カ月、連戦連勝で西太平洋を制圧した南雲機動部隊に対し、軍令部はインド洋の英国艦隊撃滅を命じた。だが、聯合艦隊司令長官・山本五十六はこの作戦に危惧を抱いていた。機動部隊が太平洋不在の間に、脆弱な防衛線を衝いて米空母部隊が東方から攻めてくる可能性は否定できないのだ。一方、二航司令長官・山口多聞少将はこの状況を逆手にとる作戦を発案。それはインド洋の戦いに注力しているように見せかけて米艦隊を誘き出し、これを待ち伏せするというものだった。かくして始まった英国東洋艦隊との激戦の最中、アメリカは動き出す。空母五隻、B25双発爆撃機七○機と、大幅に増強されたドゥーリットル隊がハワイを出撃したのだ。これを察知した聯合艦隊は山口少将に向けて、極秘作戦符号『撫子』を打電。符号を受信した二航戦・撫子部隊は、米艦隊を迎え撃つべく内地に向けて驀進を開始した!

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。