書籍の詳細

早急な安全の確保を目指す子供達に接触した謎の少女。彼女は一体!? 一方囮として皆と離れたレイを鬼の追手が完全包囲する。彼は再び仲間と会えるのか!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

約束のネバーランドのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「マンガ大賞 2017」の第6位にランクインした今作。
    小さな孤児院で暮らすエマ、ノーマン、レイ。優しいママや大好きな兄弟たちという、血のつながりはなくても大切な家族と幸せな生活を送っていた3人はある日驚愕の事実を知ってしまいます。そしてエマたちは、それまで信じて疑わなかった日常からの“脱獄”を決意し……。
    『約束のネバーランド』というキャッチーなタイトルや表紙の絵のタッチを一見するだけでは想像もつかないような、スリリングなダークファンタジーです。各々の思惑が交錯する心理戦が緊張感たっぷり。そして子どもたちが本当に賢くて、読み進めながら心の中で「がんばれ!」と応援したくなります。
    ちなみに、前述の「驚愕の事実」については第1巻の立ち読みで明かされています。是非読んでみてください。続きが気になって仕方がなくなること請け合いです!
    • 参考になった 12
    投稿日:2017年03月31日
  • 評判通り…とても面白いです!イーブックサイトでも販売前からたくさん検索していただいておりましたこちらの作品。昨年テレビドラマ化もしたカズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」の風味?香り?も感じられます。とある施設にいる子供たちと子供を面倒みている「ママ」との穏やかな日常…が!裏では全然違う展開と駆け引きが…!子供たちは「施設」しか世界がなくそこでの生活が全てです。外には何があるのか?どんな人々がいるのか?読んでいる我々も一緒になって気になってしまいます。とにかく今後が気になります!是非!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月17日