スリープ・レボリューション 最高の結果を残すための「睡眠革命」

1800円 (税別)

獲得ポイント 18pt (1%還元)

私は、この睡眠という古くて不可欠で不思議な現象をあらゆる角度から検討したくて、また、狂ってしまった生活のバランスを取り戻すために睡眠をどう活用できるかを探りたくて、本書を書いた。後半の章では眠りに役立つツールやテクニックを紹介するが、そこまで読み進んだ頃には、認識を行動に移す必要があると確信してもらえると思う。 最初の2章では、私たちの睡眠がいかに深刻な危機に陥っているかを見ていく。証拠は山ほどある。一般に必要とされる毎晩7~8時間の睡眠を取れていない人は米国人の4割を超えており、他の国でも同様の(あるいはさらに悪い)状況だ。このことは、さまざまな分野に影響を及ぼしている。 第3章では睡眠の歴史をひもとく。産業革命によって、かつて、神聖なものに通じる唯一の門として畏敬の念で扱われていた睡眠は、進歩と生産性を追求する時流の犠牲になった。20世紀に入ると、労働運動の機運が高まり、睡眠もいくらか地位を取り戻した。その後、睡眠科学という新たな科学が誕生し、眠りが心身の健康のあらゆる面に深くかかわることがわかってきた。しかし一方で、20世紀末の技術進歩は、休みなく働き続けることも可能にした。それが今日の私たちの世界だ。 続く章では科学研究に目を向け、睡眠中に私たちの体内で何が起きているのかを探る。結論から言えば、実にたくさんのことが起きている。睡眠中の脳は、休眠するどころか、あちこちが猛烈に活動している。それらの部位がする仕事(あるいは、睡眠不足のときになされない仕事)の影響は、きわめて大きい。

カゴに追加 1800 円(税別)

私は、この睡眠という古くて不可欠で不思議な現象をあらゆる角度から検討したくて、また、狂ってしまった生活のバランスを取り戻すために睡眠をどう活用できるかを探りたくて、本書を書いた。後半の章では眠りに役立つツールやテクニックを紹介するが、そこまで読み進んだ頃には、認識を行動に移す必要があると確信してもらえると思う。 最初の2章では、私たちの睡眠がいかに深刻な危機に陥っているかを見ていく。証拠は山ほどある。一般に必要とされる毎晩7~8時間の睡眠を取れていない人は米国人の4割を超えており、他の国でも同様の(あるいはさらに悪い)状況だ。このことは、さまざまな分野に影響を及ぼしている。 第3章では睡眠の歴史をひもとく。産業革命によって、かつて、神聖なものに通じる唯一の門として畏敬の念で扱われていた睡眠は、進歩と生産性を追求する時流の犠牲になった。20世紀に入ると、労働運動の機運が高まり、睡眠もいくらか地位を取り戻した。その後、睡眠科学という新たな科学が誕生し、眠りが心身の健康のあらゆる面に深くかかわることがわかってきた。しかし一方で、20世紀末の技術進歩は、休みなく働き続けることも可能にした。それが今日の私たちの世界だ。 続く章では科学研究に目を向け、睡眠中に私たちの体内で何が起きているのかを探る。結論から言えば、実にたくさんのことが起きている。睡眠中の脳は、休眠するどころか、あちこちが猛烈に活動している。それらの部位がする仕事(あるいは、睡眠不足のときになされない仕事)の影響は、きわめて大きい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。