【オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向 リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー】 第1章 オミックス解析技術 1 .最近のオミックス解析技術の進歩 3)トランスクリプトーム マイクロアレイによるがん診断薬開発の現状

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】この15年間に,いくつかの画期的な解析技術の開発によって網羅的な生体分子の情報(ゲノミクス,エピゲノミクス,トランスクリプトミクス,プロテオミクス,メタボロミクス)を統合するオミックス研究が登場した。以降,現在に至るまで日々蓄積されている膨大なオミックス情報は,特に各種疾患の分子レベルでの本態解明や治療方針の決定に関する研究を加速させている。将来は「ハイテク診断機器」によって,疾患の早期発見,新たな分類,病態診断,治療法の選択,および治療効果監視などの個別化医療や予知医療が実現する可能性は高い。ここでは,最も先進的なマイクロアレイのがん研究への応用の現状をまとめるとともに,生検組織による治療前サブタイプ診断の有用性について述べたい。また,マイクロアレイなど最新装置を使った診断が実社会に普及するうえでの壁についても議論したい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】この15年間に,いくつかの画期的な解析技術の開発によって網羅的な生体分子の情報(ゲノミクス,エピゲノミクス,トランスクリプトミクス,プロテオミクス,メタボロミクス)を統合するオミックス研究が登場した。以降,現在に至るまで日々蓄積されている膨大なオミックス情報は,特に各種疾患の分子レベルでの本態解明や治療方針の決定に関する研究を加速させている。将来は「ハイテク診断機器」によって,疾患の早期発見,新たな分類,病態診断,治療法の選択,および治療効果監視などの個別化医療や予知医療が実現する可能性は高い。ここでは,最も先進的なマイクロアレイのがん研究への応用の現状をまとめるとともに,生検組織による治療前サブタイプ診断の有用性について述べたい。また,マイクロアレイなど最新装置を使った診断が実社会に普及するうえでの壁についても議論したい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧38冊の書籍

1~38件/38件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。