【オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向 リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー】 第3章 がん化リスクの評価 1. 肺発がんリスクに関わるゲノム要因

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺発がんへのリスク因子については,喫煙を代表とする環境因子が明らかにされてきた。一方,肺がんの家族歴がリスク因子となることから遺伝要因の関わりも示唆されてきた。そして,それを裏づけるものとして,肺発がんリスクと関連する遺伝子多型群(common variants, rare variants)が同定されてきている。一方まれではあるが,肺がん家系として家族集積性の発症をもたらすEGFR,HER2/ERBB2がん遺伝子の胚細胞系列変異が発見されている。また,間質性肺炎などの慢性呼吸器疾患が肺発がんリスク因子となることが示されているが,その分子機序については不明な点が多い。今後,遺伝子多型や胚細胞系列変異,炎症などのリスク因子がいかに個々の発がんに影響を与え,がん細胞の特性に反映されていくかを明らかにすることが,肺がんの個別化予防・治療に役立つと考える。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺発がんへのリスク因子については,喫煙を代表とする環境因子が明らかにされてきた。一方,肺がんの家族歴がリスク因子となることから遺伝要因の関わりも示唆されてきた。そして,それを裏づけるものとして,肺発がんリスクと関連する遺伝子多型群(common variants, rare variants)が同定されてきている。一方まれではあるが,肺がん家系として家族集積性の発症をもたらすEGFR,HER2/ERBB2がん遺伝子の胚細胞系列変異が発見されている。また,間質性肺炎などの慢性呼吸器疾患が肺発がんリスク因子となることが示されているが,その分子機序については不明な点が多い。今後,遺伝子多型や胚細胞系列変異,炎症などのリスク因子がいかに個々の発がんに影響を与え,がん細胞の特性に反映されていくかを明らかにすることが,肺がんの個別化予防・治療に役立つと考える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧38冊の書籍

1~38件/38件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。