【まるごと下部尿路機能障害】 下部尿路機能障害のQ&A よくある質問に答えます!過活動膀胱にまつわるエトセトラ

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Q1. 過活動膀胱以外で、頻尿の原因となる疾患にはどのようなものがありますか? A1 過活動膀胱(overactive bladder:OAB)以外にも、細菌性膀胱炎や前立腺炎などの下部尿路感染症や、膀胱結石、膀胱がんや前立腺がん、間質性膀胱炎などでも頻尿になります。下部尿路の疾患以外でも、子宮内膜症や骨盤内腫瘍によっても膀胱刺激症状が起こり、頻尿になることがあります。また、蓄尿機能に異常がなくても、前立腺肥大症などで重度の排尿障害があり、多量の残尿がある場合には、尿をためられる機能的な膀胱容量が少なくなるため、結果的に頻尿となり、蓄尿機能障害と見分けがつきにくいことがあります。そのため、残尿測定などで、排尿障害の有無を評価する必要があります。糖尿病などの内分泌疾患や、利尿剤を使用している場合や飲水量が多い場合には多尿になりますので、下部尿路機能が正常であっても排尿回数が増加します。また、これらの異常がまったくないにもかかわらず、排尿のことが気になって頻回にトイレに行ってしまう心因性頻尿の可能性も考えられます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Q1. 過活動膀胱以外で、頻尿の原因となる疾患にはどのようなものがありますか? A1 過活動膀胱(overactive bladder:OAB)以外にも、細菌性膀胱炎や前立腺炎などの下部尿路感染症や、膀胱結石、膀胱がんや前立腺がん、間質性膀胱炎などでも頻尿になります。下部尿路の疾患以外でも、子宮内膜症や骨盤内腫瘍によっても膀胱刺激症状が起こり、頻尿になることがあります。また、蓄尿機能に異常がなくても、前立腺肥大症などで重度の排尿障害があり、多量の残尿がある場合には、尿をためられる機能的な膀胱容量が少なくなるため、結果的に頻尿となり、蓄尿機能障害と見分けがつきにくいことがあります。そのため、残尿測定などで、排尿障害の有無を評価する必要があります。糖尿病などの内分泌疾患や、利尿剤を使用している場合や飲水量が多い場合には多尿になりますので、下部尿路機能が正常であっても排尿回数が増加します。また、これらの異常がまったくないにもかかわらず、排尿のことが気になって頻回にトイレに行ってしまう心因性頻尿の可能性も考えられます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧32冊の書籍

1~32件/32件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。