確定診断にいたるまでの泌尿器症状アセスメント 医師はどう考えている? アセスメントシートがダウンロードできる! 夜間頻尿

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 夜間頻尿の定義は、国際禁制学会によれば、夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという愁訴であり、またそれにより困っている状態とされています。夜間頻尿は、わが国の疫学調査によれば40歳以上の男女の69%、約4,500万人が罹患する極めて頻度の高いもので、また日常の泌尿器科外来診療においても最も多くみられる愁訴の一つです。また、高齢者では、夜間頻尿は転倒に関与し、骨折、寝たきり状態を誘発することもあり、介護予防の点からも重視すべき症状です。夜間頻尿の原因は下部尿路機能異常のみならず、循環器系・内分泌系・呼吸器系疾患、さらには睡眠障害まで多岐にわたり、夜間頻尿の対処や治療においては、正確に病態を把握したうえで適切な治療を選択することが重要となります。本稿では、夜間頻尿を訴える患者さんが来院したときの病態の診断過程について、アセスメントフローチャートに沿って解説します。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 夜間頻尿の定義は、国際禁制学会によれば、夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという愁訴であり、またそれにより困っている状態とされています。夜間頻尿は、わが国の疫学調査によれば40歳以上の男女の69%、約4,500万人が罹患する極めて頻度の高いもので、また日常の泌尿器科外来診療においても最も多くみられる愁訴の一つです。また、高齢者では、夜間頻尿は転倒に関与し、骨折、寝たきり状態を誘発することもあり、介護予防の点からも重視すべき症状です。夜間頻尿の原因は下部尿路機能異常のみならず、循環器系・内分泌系・呼吸器系疾患、さらには睡眠障害まで多岐にわたり、夜間頻尿の対処や治療においては、正確に病態を把握したうえで適切な治療を選択することが重要となります。本稿では、夜間頻尿を訴える患者さんが来院したときの病態の診断過程について、アセスメントフローチャートに沿って解説します。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧32冊の書籍

1~32件/32件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。