【膝関節周囲の骨折 脛骨近位部骨折の手術治療】 [オーバービュー] 脛骨近位部骨折治療総論 基礎知識と最近の話題

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 膝関節周囲の骨折のなかでも比較的頻度の高い骨折である脛骨近位部骨折は,骨粗鬆症を基盤とした低エネルギー外傷ならびに交通事故や労働災害などの高エネルギー外傷の両方で発生する.本骨折の治療においては,関節面の解剖学的整復とアライメント・長さの回復という骨性要素の再建のみならず,特に高エネルギー外傷においては軟部組織に対する適切なマネジメントが不可欠な骨軟部合併損傷であり,高度な治療戦略が要求される.膝関節機能の完全回復という治療目標のため本骨折に対して歴史的にもさまざまな治療法が試みられ変遷してきたが,治療理論の変化ならびに鏡視下手術の適用や最小侵襲プレート骨接合術(Minimally invasive plate osteosynthesis:MIPO法),ロッキングプレートなど近年のプレート固定法の進歩により,その手術方法や治療理論も大きく変革してきている.

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 膝関節周囲の骨折のなかでも比較的頻度の高い骨折である脛骨近位部骨折は,骨粗鬆症を基盤とした低エネルギー外傷ならびに交通事故や労働災害などの高エネルギー外傷の両方で発生する.本骨折の治療においては,関節面の解剖学的整復とアライメント・長さの回復という骨性要素の再建のみならず,特に高エネルギー外傷においては軟部組織に対する適切なマネジメントが不可欠な骨軟部合併損傷であり,高度な治療戦略が要求される.膝関節機能の完全回復という治療目標のため本骨折に対して歴史的にもさまざまな治療法が試みられ変遷してきたが,治療理論の変化ならびに鏡視下手術の適用や最小侵襲プレート骨接合術(Minimally invasive plate osteosynthesis:MIPO法),ロッキングプレートなど近年のプレート固定法の進歩により,その手術方法や治療理論も大きく変革してきている.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。