【グリオーマの基本と最新知識 -脳腫瘍分類WHO updateを控えて】 グリオーマ診療の基本を知る 新しいグリオーマの分類 WHO updateについて

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】脳腫瘍に関する分子遺伝学的解析の急速な進歩を背景に、2016年に新しいWHO脳腫瘍分類が出版される予定である。今回の改訂における重要な変更点は、脳腫瘍分類を従来の分化形質(表現型)に基づく組織分類から、表現型と分子異常を組み合わせた統合分類にすることである。特に、びまん性膠腫と胎児性腫瘍で大幅に分子情報が盛り込まれることになる。びまん性膠腫では、IDH変異を共有する星細胞系腫瘍と乏突起膠細胞系腫瘍が1つの大きな腫瘍群にまとめられる。さらに星細胞系腫瘍は、IDH変異の状態により、変異、野生型、未特定の3型に分けられ、乏突起膠細胞系腫瘍ではIDH変異に加えて、1p/19q欠失の有無を明示した腫瘍名が用いられることになる。したがってびまん性膠腫の診断に際しては、少なくもIDH変異と1p/19q欠失の有無を明らかにする必要が生じる。一方、上衣腫では大きな枠組みの変更はないが、遺伝子異常で規定されたRELA融合陽性上衣腫が新たに加えられる。今回の改訂により、脳腫瘍の診断に際して分子遺伝学的解析が不可欠となる。現状での対応は十分とは言えず、混乱を避けるため早急に対応策を講じる必要がある。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】脳腫瘍に関する分子遺伝学的解析の急速な進歩を背景に、2016年に新しいWHO脳腫瘍分類が出版される予定である。今回の改訂における重要な変更点は、脳腫瘍分類を従来の分化形質(表現型)に基づく組織分類から、表現型と分子異常を組み合わせた統合分類にすることである。特に、びまん性膠腫と胎児性腫瘍で大幅に分子情報が盛り込まれることになる。びまん性膠腫では、IDH変異を共有する星細胞系腫瘍と乏突起膠細胞系腫瘍が1つの大きな腫瘍群にまとめられる。さらに星細胞系腫瘍は、IDH変異の状態により、変異、野生型、未特定の3型に分けられ、乏突起膠細胞系腫瘍ではIDH変異に加えて、1p/19q欠失の有無を明示した腫瘍名が用いられることになる。したがってびまん性膠腫の診断に際しては、少なくもIDH変異と1p/19q欠失の有無を明らかにする必要が生じる。一方、上衣腫では大きな枠組みの変更はないが、遺伝子異常で規定されたRELA融合陽性上衣腫が新たに加えられる。今回の改訂により、脳腫瘍の診断に際して分子遺伝学的解析が不可欠となる。現状での対応は十分とは言えず、混乱を避けるため早急に対応策を講じる必要がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。