【薬の効果から療養のコツまでギュッと凝縮 5分で伝わる!糖尿病薬そのまま使える説明シート】 糖尿病薬そのまま使える説明シート こんなときどうする?編 運動するときには薬の量を調節したほうがよいの?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】伝わる!5分解説 飲み薬の注意点は? 1分! スルホニル尿素(SU)薬や速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬は、膵臓からのインスリン分泌を促すはたらきをもちます。そのため、飲み薬のなかで低血糖を起こす可能性が大きく、運動時は注意が必要です。ビグアナイド薬を飲んでいると、運動による発汗、水分補給の不足などにより脱水状態になったときに、悪心、嘔吐、腹痛などの消化器症状、倦怠感、筋肉痛などを起こしやすいので注意しましょう。また、SGLT2阻害薬は、薬のもつ利尿作用により起きた脱水が、運動によってさらに高まり、血管が詰まって脳梗塞などを起こす危険性があります。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】伝わる!5分解説 飲み薬の注意点は? 1分! スルホニル尿素(SU)薬や速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬は、膵臓からのインスリン分泌を促すはたらきをもちます。そのため、飲み薬のなかで低血糖を起こす可能性が大きく、運動時は注意が必要です。ビグアナイド薬を飲んでいると、運動による発汗、水分補給の不足などにより脱水状態になったときに、悪心、嘔吐、腹痛などの消化器症状、倦怠感、筋肉痛などを起こしやすいので注意しましょう。また、SGLT2阻害薬は、薬のもつ利尿作用により起きた脱水が、運動によってさらに高まり、血管が詰まって脳梗塞などを起こす危険性があります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 【薬の効果から療養のコツまでギュッと凝縮 5分で伝わる!糖尿病薬そのまま使える説明シート】 糖尿病薬そのまま使える説明シート こんなときどうする?編 運動するときには薬の量を調節したほうがよいの?
  • 著者名: 稲月幸範(下越病院)
  • eBookJapan発売日: 2016年12月01日
  • 出版社: メディカ出版
  • 連載誌・レーベル: 糖尿病ケア
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 4ページ
  • 立読ページ数: 2ページ
  • ファイルサイズ: 1.7MB
  • 関連ジャンル: 専門書 医学医学・看護専門誌糖尿病ケア臨床看護糖尿病
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。