【新人ナースのための消化器外科病棟の術後フィジカルアセスメント】 手術臓器別フィジカルアセスメントのポイント

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】食道手術後のポイント 医師から 山本和義 食道がん患者は高齢で術前合併症を有する症例が多く、がんによる通過障害や術前化学療法によって低栄養状態に陥っている症例も多いです。そのうえ食道がん手術は頸部・胸部・腹部操作、再建を伴うため、消化器外科領域で最も侵襲の大きい術式になります。 術後早期は循環動態が不安定になり、気管チューブ抜管前は人工呼吸器管理も必要です。食道は気管の背側に位置し、近くに反回神経もあるため、食道切除・リンパ節郭清によって反回神経麻痺が起こり、術後に嗄さ声せいや誤嚥が起こることがあります。このことから、術後合併症で最も注意しなければならないものは、肺炎・無気肺などの呼吸器合併症です。術前後の呼吸リハビリや口腔ケアが大切で、吸痰のために輪状甲状膜切開(ミニトラックなどにて)や気管切開が必要になることもあります。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】食道手術後のポイント 医師から 山本和義 食道がん患者は高齢で術前合併症を有する症例が多く、がんによる通過障害や術前化学療法によって低栄養状態に陥っている症例も多いです。そのうえ食道がん手術は頸部・胸部・腹部操作、再建を伴うため、消化器外科領域で最も侵襲の大きい術式になります。 術後早期は循環動態が不安定になり、気管チューブ抜管前は人工呼吸器管理も必要です。食道は気管の背側に位置し、近くに反回神経もあるため、食道切除・リンパ節郭清によって反回神経麻痺が起こり、術後に嗄さ声せいや誤嚥が起こることがあります。このことから、術後合併症で最も注意しなければならないものは、肺炎・無気肺などの呼吸器合併症です。術前後の呼吸リハビリや口腔ケアが大切で、吸痰のために輪状甲状膜切開(ミニトラックなどにて)や気管切開が必要になることもあります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。