【新人ナースのための消化器外科病棟の術後フィジカルアセスメント】 術後痛みと離床状況のみかた

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術後痛みと離床状況のみかたの基本 いつみる? 術直後から24時間は、創部痛やドレーン留置に伴う痛みや、術中体位に伴う全身筋肉痛など、持続的な痛みがあります。痛みは交感神経や内分泌系の活性化を招き、血圧上昇や頻脈として表れます。術後2~3日目には創部痛は断続的になりますが、離床による体動や痰喀出時の痛みが現れます。術後3~4日目は腸蠕動回復に伴う蠕動痛などが現れます。また、離床が進まず腸蠕動不全が生じると腸管内圧が亢進し、鼓脹に伴う痛みが現れます。 術後は、バイタルサイン測定時や離床前後、就寝前などに、患者さんの痛みの表現に耳を傾けます。 離床時に注意が必要な合併症の一つに肺血栓塞栓症があります。肺血栓塞栓症を発症した患者の4人に3人が術後1日目以降の発症ですので、特に、術後に初めて離床する時に注意が必要です。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術後痛みと離床状況のみかたの基本 いつみる? 術直後から24時間は、創部痛やドレーン留置に伴う痛みや、術中体位に伴う全身筋肉痛など、持続的な痛みがあります。痛みは交感神経や内分泌系の活性化を招き、血圧上昇や頻脈として表れます。術後2~3日目には創部痛は断続的になりますが、離床による体動や痰喀出時の痛みが現れます。術後3~4日目は腸蠕動回復に伴う蠕動痛などが現れます。また、離床が進まず腸蠕動不全が生じると腸管内圧が亢進し、鼓脹に伴う痛みが現れます。 術後は、バイタルサイン測定時や離床前後、就寝前などに、患者さんの痛みの表現に耳を傾けます。 離床時に注意が必要な合併症の一つに肺血栓塞栓症があります。肺血栓塞栓症を発症した患者の4人に3人が術後1日目以降の発症ですので、特に、術後に初めて離床する時に注意が必要です。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。