【術前術後の水分バランスアセスメント 尿は語る】 エキスパート! 心・腎機能の悪い患者の場合

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Ns:そろそろ頭がパンクしそうです。 Dr:そんなこといわない。心臓・腎臓が悪い患者さんでは、術後の輸液も怖いでしょう?せっかくだから、もう少し頑張って勉強してしまいましょう。 Dr:腎臓が悪い患者さんや心不全の患者さんでは、尿が十分に出ないことがあるのはよく知ってるよね。 Ns:輸液をしていいのか、利尿薬を使うのかとか、区別がよくわからないです。 Dr:心臓・腎臓が悪い患者さんで最も重要なことは、尿量が血管内ボリュームを反映しないということです。 具体的には、尿量が少ないときに、心不全で尿が出ていないのか、血管内ボリュームが少なくて尿が出ていないのかが、わからなくなるのです。あるいは、腎臓が悪いために血管内ボリュームが多くても尿が出ていないのか、血管内ボリュームが少なくて尿が出ていないのかがわからないのです。反対に、腎臓の濃縮力が悪くなっていると、血管内ボリュームが減っているのに尿がどんどん漏れて出てしまうこともあります。さて困りました。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Ns:そろそろ頭がパンクしそうです。 Dr:そんなこといわない。心臓・腎臓が悪い患者さんでは、術後の輸液も怖いでしょう?せっかくだから、もう少し頑張って勉強してしまいましょう。 Dr:腎臓が悪い患者さんや心不全の患者さんでは、尿が十分に出ないことがあるのはよく知ってるよね。 Ns:輸液をしていいのか、利尿薬を使うのかとか、区別がよくわからないです。 Dr:心臓・腎臓が悪い患者さんで最も重要なことは、尿量が血管内ボリュームを反映しないということです。 具体的には、尿量が少ないときに、心不全で尿が出ていないのか、血管内ボリュームが少なくて尿が出ていないのかが、わからなくなるのです。あるいは、腎臓が悪いために血管内ボリュームが多くても尿が出ていないのか、血管内ボリュームが少なくて尿が出ていないのかがわからないのです。反対に、腎臓の濃縮力が悪くなっていると、血管内ボリュームが減っているのに尿がどんどん漏れて出てしまうこともあります。さて困りました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。