【「入院料1」で、重症患者さんが増えてきた!回復期リハ病棟ならではの今必要な処置と管理のワザ】 ルート管理系 ADLやリハビリ訓練の邪魔にならない点滴チューブの固定のワザ

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 脳卒中患者は、急性期から状態が安定するまで持続点滴による治療を行い、点滴を行いながら超急性期からリハビリを行います。筆者はSCUで超急性期脳卒中患者の看護をしています。患者は入院直後から理学療法士によるリハビリを開始し、看護師は病室で行う日常生活動作を行うなかでリハビリを行えるように心がけてかかわっています。 回復期リハビリテーション病棟入院料1が導入されてから、点滴管理が必要な重症患者も受け入れるようになっています。今回の執筆にあたり、実際の患者の声や、リハビリを行ううえでの点滴の影響についての理学療法士からの情報をもとに、点滴を行いながらリハビリを実施する場面や日常生活の援助方法について解説します。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 脳卒中患者は、急性期から状態が安定するまで持続点滴による治療を行い、点滴を行いながら超急性期からリハビリを行います。筆者はSCUで超急性期脳卒中患者の看護をしています。患者は入院直後から理学療法士によるリハビリを開始し、看護師は病室で行う日常生活動作を行うなかでリハビリを行えるように心がけてかかわっています。 回復期リハビリテーション病棟入院料1が導入されてから、点滴管理が必要な重症患者も受け入れるようになっています。今回の執筆にあたり、実際の患者の声や、リハビリを行ううえでの点滴の影響についての理学療法士からの情報をもとに、点滴を行いながらリハビリを実施する場面や日常生活の援助方法について解説します。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。