【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 胎児発育

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】検査の目的 生殖年齢の高年化に伴い周産期合併症や胎児発育異常は増加傾向にある。胎児発育異常を契機に母体合併症や妊娠合併症が診断されることもあり、正確な胎児発育評価の実践が望まれる。 妊娠初期における胎児発育の評価 経腟超音波法を用いると胎嚢(gestational sac;GS)は早ければ妊娠4週はじめに確認できるようになり、その後GS内には卵黄嚢、これに接して妊娠6週末には胎芽の心拍動を認めるようになる(図1-a)。次いで頭殿長(crownrump length;CRL)の計測が可能となり、羊膜も確認できるようになる(図1-b、図1-c)。CRLは、妊娠初期における最も重要な胎児発育のパラメータであり、さらに、発育の個人差が少なく、真の妊娠週数との誤差が5日程度とされているため、妊娠週数の推定においては最も信頼性が高い。最終月経起算の妊娠週数とCRLから推定した妊娠週数に7日以上の乖離がある場合には、CRL 起算の妊娠週数を使用することが勧められている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】検査の目的 生殖年齢の高年化に伴い周産期合併症や胎児発育異常は増加傾向にある。胎児発育異常を契機に母体合併症や妊娠合併症が診断されることもあり、正確な胎児発育評価の実践が望まれる。 妊娠初期における胎児発育の評価 経腟超音波法を用いると胎嚢(gestational sac;GS)は早ければ妊娠4週はじめに確認できるようになり、その後GS内には卵黄嚢、これに接して妊娠6週末には胎芽の心拍動を認めるようになる(図1-a)。次いで頭殿長(crownrump length;CRL)の計測が可能となり、羊膜も確認できるようになる(図1-b、図1-c)。CRLは、妊娠初期における最も重要な胎児発育のパラメータであり、さらに、発育の個人差が少なく、真の妊娠週数との誤差が5日程度とされているため、妊娠週数の推定においては最も信頼性が高い。最終月経起算の妊娠週数とCRLから推定した妊娠週数に7日以上の乖離がある場合には、CRL 起算の妊娠週数を使用することが勧められている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。