いざ見にゆかん!新生児外科疾患 消化器外科疾患編(Vol.5) 胎便性腹膜炎

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例 妊娠36週時に胎児エコー検査で胎児腹腔内に8cm大の嚢胞を指摘されました。羊水過多も出現し、巨大嚢胞型胎便性腹膜炎が疑われました。当時は当院に分娩施設がなかったため、他院で在胎37週4日に経腟分娩で出生しました。出生体重3,031g の女児で、新生児仮死で出生しました(Apgarスコア4点〔1分値〕、4点〔5分値〕)。羊水混濁と呼吸障害とを認め、気管挿管され当院に搬送となりました。腹部膨満が著明で、腹部単純X線では横隔膜の挙上および胸腔の圧迫所見を認め、腹部単純CTでは右上腹部から下腹部にかけて巨大な嚢胞性病変を認めました。以上より、巨大嚢胞型胎便性腹膜炎と診断し、呼吸を中心とした全身状態の改善を図るために生後12時間で緊急手術を行うこととなりました。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例 妊娠36週時に胎児エコー検査で胎児腹腔内に8cm大の嚢胞を指摘されました。羊水過多も出現し、巨大嚢胞型胎便性腹膜炎が疑われました。当時は当院に分娩施設がなかったため、他院で在胎37週4日に経腟分娩で出生しました。出生体重3,031g の女児で、新生児仮死で出生しました(Apgarスコア4点〔1分値〕、4点〔5分値〕)。羊水混濁と呼吸障害とを認め、気管挿管され当院に搬送となりました。腹部膨満が著明で、腹部単純X線では横隔膜の挙上および胸腔の圧迫所見を認め、腹部単純CTでは右上腹部から下腹部にかけて巨大な嚢胞性病変を認めました。以上より、巨大嚢胞型胎便性腹膜炎と診断し、呼吸を中心とした全身状態の改善を図るために生後12時間で緊急手術を行うこととなりました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。