【なぜ効く?リスクは?そもそも論でわかる全身麻酔の薬剤のしくみ】 なぜ筋弛緩薬を投与すると動けなくなるの?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ロクロニウム臭化物 そもそも筋弛緩薬とは? 全身麻酔で骨格筋を弛緩させ、随意運動や反射運動を抑え体動をなくしたい時、特に気管挿管時、腹部や胸部手術で術野の展開をよくしたい時に使用される。 非脱分極性筋弛緩薬のベクロニウム臭化物(マスキュラックス(R))が広く用いられていたが、通常投与量では挿管まで3分かかり、早く挿管するために投与量を増やすと作用持続時間が延長して抜管に時間がかかっていた。2007年、効力が弱く大量に投与できるロクロニウム臭化物(エスラックス(R))が発売され、挿管と抜管が素早くできるようになった。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ロクロニウム臭化物 そもそも筋弛緩薬とは? 全身麻酔で骨格筋を弛緩させ、随意運動や反射運動を抑え体動をなくしたい時、特に気管挿管時、腹部や胸部手術で術野の展開をよくしたい時に使用される。 非脱分極性筋弛緩薬のベクロニウム臭化物(マスキュラックス(R))が広く用いられていたが、通常投与量では挿管まで3分かかり、早く挿管するために投与量を増やすと作用持続時間が延長して抜管に時間がかかっていた。2007年、効力が弱く大量に投与できるロクロニウム臭化物(エスラックス(R))が発売され、挿管と抜管が素早くできるようになった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。