【なぜ効く?リスクは?そもそも論でわかる全身麻酔の薬剤のしくみ】 なぜ静脈麻酔薬を投与すると麻酔維持ができるの?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】プロポフォール そもそも静脈麻酔薬とは? 1995年、プロポフォール(ディプリバン(R))が発売され、チオペンタールナトリウム(ラボナール(R))に代わり、麻酔導入薬の主役となった。しかし、プロポフォールは鎮痛作用も筋弛緩作用ももたないため、安定した麻酔維持と速やかな覚醒は難しかった。 2001年、「ディプリフューザーTMTCI(Target Controlled Infusion)モジュール」を搭載したシリンジポンプと、識別タグ付きプレフィルドシリンジ「ディプリバン(R)注- キット」が発売され、プロポフォールによる麻酔維持が一般化した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】プロポフォール そもそも静脈麻酔薬とは? 1995年、プロポフォール(ディプリバン(R))が発売され、チオペンタールナトリウム(ラボナール(R))に代わり、麻酔導入薬の主役となった。しかし、プロポフォールは鎮痛作用も筋弛緩作用ももたないため、安定した麻酔維持と速やかな覚醒は難しかった。 2001年、「ディプリフューザーTMTCI(Target Controlled Infusion)モジュール」を搭載したシリンジポンプと、識別タグ付きプレフィルドシリンジ「ディプリバン(R)注- キット」が発売され、プロポフォールによる麻酔維持が一般化した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。