【うまくいく!自炊しない・できない人への食事療法 疾患別栄養指導 外食&コンビニ食の上手な使いかた】 慢性腎臓病患者の栄養指導

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1 たんぱく質と食塩摂取量の調整 患者が食事療法の重要性と効果、方法をよく理解し、納得して、自らが積極的に食事療法に取り組めるように指導することが必要です。食事療法は、患者自らが行う治療法です。食事の好みや体調、外食や旅行など、つねに変化する食環境に柔軟に対応しなければなりません。慢性腎臓病、とくに腎不全期においては、適切なたんぱく質管理を行わなければ、食事療法の効果は得られません。外食やコンビニ食を利用するうえでも、たんぱく質管理を念頭においた指導が必要です。 外食やコンビニ食はたんぱく質や食塩が多くなりがちです。まずは1日1食、簡単な料理でよいので自炊を患者にすすめましょう。たとえば、朝食をたんぱく質調整パンとコーヒーにすると、たんぱく質1.0g、エネルギー400kcal、食塩0.5g 程度で済みます。朝食を調整することで、昼食や夕食のたんぱく質、食塩の量が増やせます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1 たんぱく質と食塩摂取量の調整 患者が食事療法の重要性と効果、方法をよく理解し、納得して、自らが積極的に食事療法に取り組めるように指導することが必要です。食事療法は、患者自らが行う治療法です。食事の好みや体調、外食や旅行など、つねに変化する食環境に柔軟に対応しなければなりません。慢性腎臓病、とくに腎不全期においては、適切なたんぱく質管理を行わなければ、食事療法の効果は得られません。外食やコンビニ食を利用するうえでも、たんぱく質管理を念頭においた指導が必要です。 外食やコンビニ食はたんぱく質や食塩が多くなりがちです。まずは1日1食、簡単な料理でよいので自炊を患者にすすめましょう。たとえば、朝食をたんぱく質調整パンとコーヒーにすると、たんぱく質1.0g、エネルギー400kcal、食塩0.5g 程度で済みます。朝食を調整することで、昼食や夕食のたんぱく質、食塩の量が増やせます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。