世界の医学誌から 妊娠初期ジカウイルス感染の小頭症リスク妊婦10,000人あたり95例 フランス領ポリネシアにおけるジカウイルスと小頭症の関連, 2013~15年:後ろ向き研究 解説:発症率1%上回る可能性も コホート研究が急務

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉米大陸におけるジカウイルスの出現と一致して小頭症児の報告数が増加している。2016年2月1日、世界保健機関(WHO)は、ジカウイルスと小頭症のあいだに疑われている関連が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に該当すると宣言した。しかしながら、この関連についてきちんとした定量的な評価はなされていない。

カゴに追加 400 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】〈背景〉米大陸におけるジカウイルスの出現と一致して小頭症児の報告数が増加している。2016年2月1日、世界保健機関(WHO)は、ジカウイルスと小頭症のあいだに疑われている関連が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に該当すると宣言した。しかしながら、この関連についてきちんとした定量的な評価はなされていない。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。