解説 脳とくすり 精神疾患治療薬開発の動向と今後の展望

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 近年,精神疾患の病態仮説に基づく創薬が行われてきたが,何れも臨床で有効性を見出すことができず失敗に終わっている.今後,病態仮説に根ざした創薬を実施するにあたり,ターゲットとする病態を反映する患者群の層別化をどのように実施するかが重要な課題となる. 一方,臨床において偶然,うつ病に対する画期的な効果が認められたケタミンに注目が集まり,ケタミンの光学活性体およびケタミンに類似した機序を有する化合物の開発が積極的に行われている.

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 近年,精神疾患の病態仮説に基づく創薬が行われてきたが,何れも臨床で有効性を見出すことができず失敗に終わっている.今後,病態仮説に根ざした創薬を実施するにあたり,ターゲットとする病態を反映する患者群の層別化をどのように実施するかが重要な課題となる. 一方,臨床において偶然,うつ病に対する画期的な効果が認められたケタミンに注目が集まり,ケタミンの光学活性体およびケタミンに類似した機序を有する化合物の開発が積極的に行われている.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。