エアリアル

690円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

道具としての詩。プランナーである著者が、仕事の中で書いた「仕事詩」、父親として書いた「子育て詩」、亡き友人のために書いた「追悼詩」。コピーのようでそうでもなく、自己表現でもない、何かのための「道具としての詩」を集めた詩集。本文より予 感予感をデザインしようそれは未来の予行演習わくわくするもののあるほうへまだ見ぬ誰かと門をくぐることそのときめきその匂い予感をデザインしようそれは街の操縦訓練新しい季節の魔法に人が華やぐそれをあなたが仕組むことその誘惑その匂い予感をデザインしようそれは心の反応検査階段をかけのぼるうれしさを指差確認するような朝のひと言その確かさその匂い詩 人すぐに書けるまねでもいいじゃない通り過ぎる言葉の袖口をちょっと引っ張ればいいのさかどで待ち伏せしてたらうしろから肩をたたかれるよ怖い言葉たちにそしたら道をあけてやりなさいあふれるようにことばが躍り出て風景は変わる詩人ははじめてのおつかいから帰ってこなかった子だネ オ テ ニ ー全体と部分そのスペクトラム全体のない部分は全体声のない舌目のない光言葉のない意味部分が完成する星のようにおとなのないこども雑踏の時間が素通りしていくまちぼうけのこども

カゴに追加 690 円(税別)

道具としての詩。プランナーである著者が、仕事の中で書いた「仕事詩」、父親として書いた「子育て詩」、亡き友人のために書いた「追悼詩」。コピーのようでそうでもなく、自己表現でもない、何かのための「道具としての詩」を集めた詩集。本文より予 感予感をデザインしようそれは未来の予行演習わくわくするもののあるほうへまだ見ぬ誰かと門をくぐることそのときめきその匂い予感をデザインしようそれは街の操縦訓練新しい季節の魔法に人が華やぐそれをあなたが仕組むことその誘惑その匂い予感をデザインしようそれは心の反応検査階段をかけのぼるうれしさを指差確認するような朝のひと言その確かさその匂い詩 人すぐに書けるまねでもいいじゃない通り過ぎる言葉の袖口をちょっと引っ張ればいいのさかどで待ち伏せしてたらうしろから肩をたたかれるよ怖い言葉たちにそしたら道をあけてやりなさいあふれるようにことばが躍り出て風景は変わる詩人ははじめてのおつかいから帰ってこなかった子だネ オ テ ニ ー全体と部分そのスペクトラム全体のない部分は全体声のない舌目のない光言葉のない意味部分が完成する星のようにおとなのないこども雑踏の時間が素通りしていくまちぼうけのこども

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。