書籍の詳細

時は江戸時代、入れ墨彫り師・桐生(きりゅう)の夢は、みんなに喜ばれる美しい浮世絵を描くこと。そんな桐生に、ある日、一晩百両の超売れっ子男花魁・白鷺(しらさぎ)に刺青を彫る仕事が舞い込む。白鷺の夢は愛する人と添い遂げること。同じ時を過ごすうちに、次第に深い仲になっていく二人だったが、ただ生きることさえ難しい時代の中、二人の想いはままならず…。夢を追う若者たちの運命の出逢いを描いたラブストーリー。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

花椿秘恋唄~100年先まで【コミックス版】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    実に切ないロマンス
    うぬぬ。
    これは、ハッピーエンドと言っていいのか、
    アンハッピーと言っていいのか迷うところだが、
    どんな形であれ、とりあえず
    しっかり二人が結ばれる姿が見れて良かった♪ と思う。
    まさに、こんな時代でさえなかったら、
    と言う、切なくてたまらんロマンスです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年12月07日