純愛王子が私を甘やかす理由

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

職を失い困っていたエナは、たまたま招待された夜会で若い庭師と出逢う。柔らかい雰囲気に流されるまま事情を話したエナに庭師は「だったら明日からこの城で雇ってやる」と言い出した。戸惑うエナにさらに庭師は「俺は、フィル・ウォルフレッド。ルーヴァス王国の第二王子だ 」と告げる。言われるままメイドになったはいいものの、フィルはわずかな仕事しかさせてくれない。そこに不満を抱きながらも、城で過ごすうちにフィルの優しさに触れ徐々に惹かれていくエナ。好きゆえ、キスや夜伽の誘いにも応えたけれど、伝えてはいけない恋情はどんどん膨らむばかり。それでも王子相手に決して告げられない気持ちを必死に抑えるエナに、フィルはツラそうな表情で「俺が好きか?」と聞いてきて……。フィルの言動のワケは――? 周りにきつく当たられながらも奮闘する新米メイド、エナと、そんなエナをなぜか特別扱いし甘く迫るフィルが織りなす、純愛ストーリー。

カゴに追加 600 円(税別)

職を失い困っていたエナは、たまたま招待された夜会で若い庭師と出逢う。柔らかい雰囲気に流されるまま事情を話したエナに庭師は「だったら明日からこの城で雇ってやる」と言い出した。戸惑うエナにさらに庭師は「俺は、フィル・ウォルフレッド。ルーヴァス王国の第二王子だ 」と告げる。言われるままメイドになったはいいものの、フィルはわずかな仕事しかさせてくれない。そこに不満を抱きながらも、城で過ごすうちにフィルの優しさに触れ徐々に惹かれていくエナ。好きゆえ、キスや夜伽の誘いにも応えたけれど、伝えてはいけない恋情はどんどん膨らむばかり。それでも王子相手に決して告げられない気持ちを必死に抑えるエナに、フィルはツラそうな表情で「俺が好きか?」と聞いてきて……。フィルの言動のワケは――? 周りにきつく当たられながらも奮闘する新米メイド、エナと、そんなエナをなぜか特別扱いし甘く迫るフィルが織りなす、純愛ストーリー。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。