書籍の詳細

29歳、女を知らぬ女嫌いの皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。国の未来を左右する、とても大事なひめごとは、皇帝陛下の閨指南。「どうか、皇帝陛下の閨の指南役として、雷帝城へといらせられませ」「……は?」氷麗族を統べる長である氷咲のもとに、ある日、見知らぬ男たちがやってきて告げた言葉は国の未来を左右する、とても大事なひめごとだった。后をひとりも娶らず、愛妾を侍らすこともない皇帝・雷零。女嫌いの彼はことごとく女を遠ざけている。その拒否ぶりに、美貌の宰相・露厳と恋仲だとさえ疑われる始末。ようやく四龍家から后を迎えることとなった雷零だが、女嫌いゆえに29歳にしてまだ童貞。そんな露厳に女の扱いや、女を悦ばせる手練手管を教えるための指南役として選ばれたのが、氷咲だった――。「小説家になろう」の女性向けサイト「ムーンライトノベルズ」で実施した第2回次世代“官能”小説大賞女性部門、《銀賞》受賞作!※「ムーンライトノベルズ」は株式会社ナイトランタンの登録商標です。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

五龍国物語のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 今月のおすすめ
    お話の構想はよくできているな~と感心させられました。1を読むと必ず続きを読みたくなるので、1を購入する際は、2も購入する覚悟で購入してくださいね。私的には、2人の1か月の関係をもっとガッツリ書いて欲しかったな~と。まだまだ読みたかったので、☆4つで。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月29日