著:養老孟司

文藝春秋

ジャンル:エッセイ

472円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2013年03月22日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

涼しい脳味噌の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

涼しい脳味噌の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

養老孟司さんについてはいまさら説明の必要はないでしょうが、ご本人の説明によれば、解剖学を専門とする医師、ただ患者さんを診たことはほとんどない、そうです。患者さんを診ることはないが、その分(?)世の中や、日本人のありよう、文化などなど多種多様な問題に関心を払い、考え、文章に書き残しています。この本もそうしたものの一つで、日常的に生起していることを入り口にしつつ、時に目からウロコの視点や考えをズバリ展開していて、一気に読ませてくれます。「タバコ文化」から「島田雅彦論」まで多岐にわたるのですが、医学博士号をもつ手塚治虫の生命観について考察した章が面白い。手塚治虫の生命観を改めて考えてみようと作品を読み直した養老孟司さんは手塚治虫の作品に単なるヒューマニズムを見るのは少しちがうのではないか、という。ヒトに対する愛情よりもしばしば生きとし生けるものに対する愛憐の情がより強く表現されていると指摘して、さらにレオナルド・ダヴィンチを想わせる身体への見方が強く印象に残っていると言うのです。ちなみに養老さんが東大医学図書館長を務めていたとき、あるOBが手塚全集を寄付してくれた。その時、養老館長は大事に保存してきた手塚治虫の学位論文(「タニシの異型精子の電子顕微鏡学的研究」)を全集につけて閲覧できるようにしたそうです。この全集と手塚治虫の学位論文は今でも東大の医学図書館で読めるそうです。(2009/12/11)
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。