【整形外科における治療への的確診断】 X線長尺撮影 成人脊柱変形の評価、治療における全脊椎長尺撮影の必要性

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 整形外科領域において長尺撮影は従来から行われてきた。その適応は脊柱側弯症における全脊椎撮影や、変形性股関節症や変形性膝関節症における下肢全長撮影が主なものであった。近年の高齢化社会の到来に伴い、すべりや側弯、後弯といった変形を伴う脊柱管狭窄症患者が急増してきている。また若年期の軽度の脊柱側弯症が遺残している状態に、中高年になり変性が加わることで脊柱の変形が増悪する病態や、若年期には変形がないかあってもごくわずかだったにもかかわらず、変性や体幹筋力の低下のため比較的急速に脊柱の変形を生じる病態がわかってきており、これらは成人脊柱変形という新しい疾患群として治療対象になってきた。成人脊柱変形を評価、治療するにあたり全脊椎長尺撮影は必須である。 本稿では成人脊柱変形に対し当科で施行している各種長尺撮影について述べる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 整形外科領域において長尺撮影は従来から行われてきた。その適応は脊柱側弯症における全脊椎撮影や、変形性股関節症や変形性膝関節症における下肢全長撮影が主なものであった。近年の高齢化社会の到来に伴い、すべりや側弯、後弯といった変形を伴う脊柱管狭窄症患者が急増してきている。また若年期の軽度の脊柱側弯症が遺残している状態に、中高年になり変性が加わることで脊柱の変形が増悪する病態や、若年期には変形がないかあってもごくわずかだったにもかかわらず、変性や体幹筋力の低下のため比較的急速に脊柱の変形を生じる病態がわかってきており、これらは成人脊柱変形という新しい疾患群として治療対象になってきた。成人脊柱変形を評価、治療するにあたり全脊椎長尺撮影は必須である。 本稿では成人脊柱変形に対し当科で施行している各種長尺撮影について述べる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。