今日の一例 多剤併用抗血栓療法にもかかわらず閉塞部以遠の血栓化が進行したアテローム硬化性頭蓋内椎骨動脈閉塞の一例

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例は69歳男性で、60歳時より高血圧症、高尿酸血症で薬物療法を行っていたが、7ヵ月前の受診を最後に自己中断した。2日前からふらつきが出現し、全身倦怠感、食欲低下を自覚した。嘔吐し、その後より左上肢が動かしにくくなったため、緊急搬送された。左VAの拡張末期血流が消失し、遠位閉塞が示唆された。階段状に進行した脳梗塞と診断し、ヘパリンとエダラボンを開始したが、左片麻痺、構音障害が悪化した。症状及び画像所見から右VA遠位端の血栓化が進行したことにより穿通枝虚血が増悪したと判断した。アスピリン、クロピドグレルを開始し、ヘパリンをアルガトロバン持続静注に変更し、低分子デキストランも開始した。入院7日目に突然、重度の意識障害を呈し、血管内治療を施行した。意識障害は改善したが、左完全片麻痺、高度の構音・嚥下障害、左半側感音障害は残存し、右上下肢の失調が出現した。入院58日目に回復期リハビリテーション病院へ転院した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例は69歳男性で、60歳時より高血圧症、高尿酸血症で薬物療法を行っていたが、7ヵ月前の受診を最後に自己中断した。2日前からふらつきが出現し、全身倦怠感、食欲低下を自覚した。嘔吐し、その後より左上肢が動かしにくくなったため、緊急搬送された。左VAの拡張末期血流が消失し、遠位閉塞が示唆された。階段状に進行した脳梗塞と診断し、ヘパリンとエダラボンを開始したが、左片麻痺、構音障害が悪化した。症状及び画像所見から右VA遠位端の血栓化が進行したことにより穿通枝虚血が増悪したと判断した。アスピリン、クロピドグレルを開始し、ヘパリンをアルガトロバン持続静注に変更し、低分子デキストランも開始した。入院7日目に突然、重度の意識障害を呈し、血管内治療を施行した。意識障害は改善したが、左完全片麻痺、高度の構音・嚥下障害、左半側感音障害は残存し、右上下肢の失調が出現した。入院58日目に回復期リハビリテーション病院へ転院した。

レビューはありません レビューを書く

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。