【遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療】 遺伝子解析に基づくがん治療 骨髄増殖性腫瘍(MPN/CML)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】骨髄増殖性腫瘍(MPN)は、遺伝子融合や変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化し、無秩序な血球増殖をきたす造血器腫瘍である。BCR-ABLにより発症する慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP)の第1選択薬はイマチニブ、ニロチニブ、ダサチニブのいずれかである。ELN 2013による治療効果判定基準に基づき、各チェックポイントにおいて適切な効果が得られている場合はその治療を継続、治療効果が不十分な場合は、BCR-ABLに新たに生じた変異を参考にボスチニブを含むほかの薬剤へ変更する。T315I変異には現在日本で使用可能な薬剤は無効であり、同種造血幹細胞移植を考慮する。原発性骨髄線維症(PMF)、あるいは真性多血症(PV)、本態性血小板血症(ET)を基礎疾患とする2次性骨髄線維症(MF)にはJAK2変異が高率にみられる。JAK2変異により血液細胞の自律性増殖が生じるが、JAK阻害薬であるルキソリチニブはJAK2変異を認めないMFにも脾腫の縮小、MFに伴う症状軽減効果を有する。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】骨髄増殖性腫瘍(MPN)は、遺伝子融合や変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化し、無秩序な血球増殖をきたす造血器腫瘍である。BCR-ABLにより発症する慢性骨髄性白血病慢性期(CML-CP)の第1選択薬はイマチニブ、ニロチニブ、ダサチニブのいずれかである。ELN 2013による治療効果判定基準に基づき、各チェックポイントにおいて適切な効果が得られている場合はその治療を継続、治療効果が不十分な場合は、BCR-ABLに新たに生じた変異を参考にボスチニブを含むほかの薬剤へ変更する。T315I変異には現在日本で使用可能な薬剤は無効であり、同種造血幹細胞移植を考慮する。原発性骨髄線維症(PMF)、あるいは真性多血症(PV)、本態性血小板血症(ET)を基礎疾患とする2次性骨髄線維症(MF)にはJAK2変異が高率にみられる。JAK2変異により血液細胞の自律性増殖が生じるが、JAK阻害薬であるルキソリチニブはJAK2変異を認めないMFにも脾腫の縮小、MFに伴う症状軽減効果を有する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。