Pharmacogenomics and biomarker 卵巣明細胞腺がんの予後を予測するバイオマーカー

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】卵巣明細胞腺がん(CCC)は初期であっても化学療法に感受性が低く、ほかの組織型と比較して予後不良である。そのため、CCCに絞った予後を予測するバイオマーカーの解明とそれに基づいた分子標的薬の開発、臨床応用が求められている。CCCに特徴的な分子生物学的異常としてPIK3CAの活性化変異やZNF217を含む領域(20q13.2)の増幅、ARID1Aの機能喪失が知られているが、これらの異常はしばしば共存しており、各々の遺伝子のみで予後を予測するのは難しい。そのため、網羅的なゲノム解析をもとにした亜分類から予後と関わる遺伝子群やシグナル伝達経路を抽出することで、より有用なバイオマーカーを同定できる可能性がある。本稿では、染色体コピー数解析と遺伝子発現解析を統合した網羅的なゲノム解析から明らかになってきた卵巣CCCの予後に関するシグナル伝達経路とそれに対する分子標的治療への応用について概説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】卵巣明細胞腺がん(CCC)は初期であっても化学療法に感受性が低く、ほかの組織型と比較して予後不良である。そのため、CCCに絞った予後を予測するバイオマーカーの解明とそれに基づいた分子標的薬の開発、臨床応用が求められている。CCCに特徴的な分子生物学的異常としてPIK3CAの活性化変異やZNF217を含む領域(20q13.2)の増幅、ARID1Aの機能喪失が知られているが、これらの異常はしばしば共存しており、各々の遺伝子のみで予後を予測するのは難しい。そのため、網羅的なゲノム解析をもとにした亜分類から予後と関わる遺伝子群やシグナル伝達経路を抽出することで、より有用なバイオマーカーを同定できる可能性がある。本稿では、染色体コピー数解析と遺伝子発現解析を統合した網羅的なゲノム解析から明らかになってきた卵巣CCCの予後に関するシグナル伝達経路とそれに対する分子標的治療への応用について概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。