Cancer biology and new seeds BiTE抗体の臨床開発の現状

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ここ数年のがん免疫療法の展開は、目を見張るものがある。免疫チェックポイント阻害薬、キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T細胞)やbi-specific T-cell engager(BiTE)の臨床開発は、ここ数年で大きく飛躍し、がんの治療体系自体を大きく変える可能性を秘めている。そのなかでも、造血器腫瘍、特にリンパ系腫瘍での治療効果は著しく、多くの臨床試験が欧米、日本で進行中である。CD19とCD3を標的とするBiTEであるblinatumomabは、2014年12月に米国で迅速認可された。難治性急性リンパ芽球性白血病(ALL)に対するblinatumomabの高い治療効果は、初回寛解後療法など早期に用いる方向で検討が進んでおり、ALLの標準治療を変えることが予想される。今後、これら華々しい成果を上げつつある免疫療法を、がん治療戦略のなかでどのように棲み分けていくか、特徴的で重篤な副作用対策も考慮しながら、十分に検討していかねばならない。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ここ数年のがん免疫療法の展開は、目を見張るものがある。免疫チェックポイント阻害薬、キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T細胞)やbi-specific T-cell engager(BiTE)の臨床開発は、ここ数年で大きく飛躍し、がんの治療体系自体を大きく変える可能性を秘めている。そのなかでも、造血器腫瘍、特にリンパ系腫瘍での治療効果は著しく、多くの臨床試験が欧米、日本で進行中である。CD19とCD3を標的とするBiTEであるblinatumomabは、2014年12月に米国で迅速認可された。難治性急性リンパ芽球性白血病(ALL)に対するblinatumomabの高い治療効果は、初回寛解後療法など早期に用いる方向で検討が進んでおり、ALLの標準治療を変えることが予想される。今後、これら華々しい成果を上げつつある免疫療法を、がん治療戦略のなかでどのように棲み分けていくか、特徴的で重篤な副作用対策も考慮しながら、十分に検討していかねばならない。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。